グラビアモデル出身の神奈川お葬式専門学校


神奈川のお葬式を知る上で興味深い事を知りました。
グラビアモデルの壇蜜が神奈川の冠婚葬祭の専門学校に通っていたようです。
大学在学中、大切な人が亡くなられそれがきっかけで大学卒業後に冠婚葬祭の専門学校に通ったようだが、お葬式の仕事をするには至らず現在はグラビアモデルとして活躍しています。

そもそも壇蜜という名前自体を彼女が仏教用語を基に考えたようで、仏壇の「壇」と、お供え物を意味する「蜜」を芸名にしたようです。

その専門学校ではエンバーミングという遺体を保存・修復するための技術を学んだりとなかなか本格的に学んでいたようです。
今でこそ過激なグラビア画像で世間を賑わす彼女であるが、ひとつ違えば神奈川のお葬式場でグラマラスな葬儀業者さんになっていたかもしれません。

しかし彼女が冠婚葬祭の専門学校に通った理由は恩師の急逝だったようです。
恩師とともに和菓子屋を経営するつもりで調理師を目指すも恩師の突然の死によってお葬式というものに興味を持ちました。
神奈川の専門学校では他にも様々な研修を受けたようで、中でもお葬式の遺影の大切さを知り自身の遺影をすでに用意しているようです。

今や超過激なグラビアモデルとして君臨する壇蜜が通った神奈川の冠婚葬祭の専門学校とはどんなところなのか覗いてみたいものですね。